現在位置:carview! > 中古車で味わいたい、おすすめトヨタ10選

ここから本文です
ニッポンの大看板。世界を唸らせる品質のトヨタ車を味わう

中古車で味わいたい、
おすすめトヨタ10選

国内トップメーカーのトヨタは、そのオーソドックスなイメージに反して、
実は個性的で独自の魅力を持ったモデルが多数ラインアップされてきた。
今回は高級セダン、ハイブリッド、コンパクト、スポーツカー、クーペ、ミニバン、SUVなどなど、
トヨタの豊富なモデルの中から、中古車としても満足できるおすすめモデルをピックアップ!

  • トヨタ クラウンアスリート
    トヨタ
    クラウンアスリート
    1955年の誕生以来、60年以上の歴史を持つトヨタのクラウン。クラウンアスリートはその名の通り、スポーティ路線シリーズとして1999年、11代目からラインアップされている。日本の高級車、クラウンの安心感は揺るぎなく、同社のレクサスや外国車にはない独特の世界観を築いている。
    オススメモデルは?
    12代目 S18型の後期モデル(2005年〜2008年):プラットフォームとパワートレーンを一新した通称「ゼロクラウン」。特に後期モデルは3.5リッターエンジンに換装され、HDDナビ化されるなど、ぐっと買い得感が増します。
    ツウなセレクト
    11代目 S17型(1999年〜2003年)は、直列6気筒エンジンを搭載するクラウン最後のモデル。スクエアでクリーンなスタイルは今見ても風格があり、平均40万円前後とお手頃価格で、クラウンを味わうのも悪くない。
    中古車を探す
  • トヨタ ハイエースバン
    トヨタ
    ハイエースバン
    働くクルマの代表選手と言えば、トヨタのハイエースバン。誕生は1967年だから、半世紀続く長寿モデルだ。現行モデルのバリエーションは100グレード以上存在し、用途に応じてチョイスすることができる。商用だけでなく、趣味の道具を積んで快適に移動できるモデルとしても人気が高い。
    オススメモデルは?
    現行H200系のスーパーGLグレード:定番で恐縮ですが、不動の人気グレード「スーパーGL」がやはりおすすめ。特にぐっと装備が充実した2010年の2度目のマイナーチェンジ以降のモデルがおすすめです。
    ツウなセレクト
    仕事と趣味を両立したいなら、現行H200系の3人乗りモデルというセレクトはいかがでしょう?運転席の後ろにどーんと広がる空間をどう使うか、腕の見せどころです。
    中古車を探す
  • トヨタ プリウス
    トヨタ
    プリウス
    世界初の量産ハイブリッドカー、プリウス。エンジンとモーターが協調しつつ動力を生み出す独自のハイブリッドシステムは、2015年に登場した4代目の現行モデルでも、基本構成を変えずに採用されており、その先見性は高く評価されている。
    オススメモデルは?
    3代目のG'sグレード(2011年〜2015年):マイナーチェンジで追加されたスポーティなスタイルの「G's」グレード。エコなだけじゃないハイブリッドとして、人気を博した。
    ツウなセレクト
    あえての初代プリウスを、ネオヒストリックカー感覚で乗り倒すのも、ある種のエコロジーかも。タマ数は極小ですが。
    中古車を探す
  • トヨタ エスティマ
    トヨタ
    エスティマ
    1990年、未来的なスタイリングと凝ったメカニズムで、「天才タマゴ」というキャッチフレーズで登場した初代エスティマ。2代目・3代目モデルでは、スタイリッシュな外観をキープしつつ、ミニバンとしての使い勝手を向上させ、人気モデルとなった。
    オススメモデルは?
    3代目 7人乗りキャプテンシートモデル:中でも2度目のマイナーチェンジモデルが、100万円代中心と値段もこなれている。8人乗りが必須でなければ、お買い得でしょう。
    ツウなセレクト
    2016年のマイナーチェンジでラインアップから消えた、現行3代目の3.5リッターV6モデル。余裕の走りを中古車で味わおう。
    中古車を探す
  • トヨタ セリカ
    トヨタ
    セリカ
    トヨタの絶版車のおすすめ中古車と言えば、やはりセリカだろう。初代の通称「ダルマセリカ」誕生が1970年。その後2006年まで、7代目に渡りトヨタの「スペシャリティカー」として、そのデザインが注目を集めた。ラリーカーのベースとしても活躍し、サファリラリーでの優勝や、WRCでの年間タイトルなどをもたらした。
    オススメモデルは?
    4代目〜6代目のGT-FOURグレード:ラリーベースのGT-FOURグレードは、物件数がかなり少ないですが、特にWRCでダブルタイトルを取った5代目GT-FOURの人気が高く、相場もお高めです。
    ツウなセレクト
    かなり古くなりますが、やはり初代ダルマセリカは外せません。クーペとリフトバックがありますが、いまだにリフトバックと聞くと、セリカと脊髄反射してしまうアラフォー、アラフィフ世代も多いのでは?
    中古車を探す
  • トヨタ セルシオ
    トヨタ
    セルシオ
    1989年、世界の高級セダンの基準を変えたとさえ言われた、初代セルシオが誕生。その圧倒的な静寂性や高品質なインテリア、V8エンジンの完成度など、大いに欧州高級ブランドをあわてさせた。その後レクサスブランドに移行するまで、セルシオは2006年まで3代続くが、今見てもその高級感は色褪せていない。
    オススメモデルは?
    3代目 C仕様の後期型(2003年〜2006年):初代、2代目の端正な佇まいも捨てがたいが、セルシオ最終型となる後期モデルのC仕様=エアサス仕様が、100万円以下でも味わえるとなれば選ばない手はないでしょう。
    ツウなセレクト
    2代目のeRバージョンは、A・B仕様に欧州仕様のサスペンションを採用したモデルで、サンルーフや本革シートなどの装備も充実。特に後期モデルは安全性や装備、メカニズムでも大幅に進化しています。
    中古車を探す
  • トヨタ ハリアー
    トヨタ
    ハリアー
    高級クロスオーバーSUVのパイオニア、トヨタ ハリアー。米国では初代、2代目とレクサスブランドの「RX」として販売されており、高級な仕立てのインテリアは特に評価が高かった。2013年登場の現行3代目は、国内専用モデルとなったが、初代からの都会的なイメージが継承されている。
    オススメモデルは?
    2代目 2.4リッター直4モデル:気軽にハリアーの高級感を味わうなら、2.4リッター直4エンジン搭載モデルで、ディスチャージヘッドランプが標準装備されるなど、装備の充実した2006年以降がオススメです。
    ツウなセレクト
    2代目のエアサスペンション搭載グレード「AIRS」(※エアー・エスと読む)は、V6エンジン搭載モデルに設定された最上級グレード。状況に応じて4つの車高モードを選択できる。
    中古車を探す
  • トヨタ ソアラ
    トヨタ
    ソアラ
    1981年に誕生し、高級パーソナルクーペとして、一世を風靡したトヨタ ソアラ。デジタルメーターなど当時のハイテク装備が盛り込まれ、「ハイソカー」の代名詞となった。しかし、4代目のライフサイクル途中、2005年でレクサスブランドに移行となり絶版となった。
    オススメモデルは?
    2代目 Z20型(1986年〜1991年):バブルの追い風もあり、大ヒットした2代目ソアラ。パワフルなターボエンジン、電子制御式エアサスペンション、スペースビジョンメーターなど、その端正なスタイルと合わせて、今でも魅力的です。
    ツウなセレクト
    4代目のリトラクタブルハードトップも魅力的ですが、あえて当時は人気薄だった3代目 Z30型を選んでみるのもツウっぽい。今や希少な大柄で伸びやかなクーペスタイルが魅力的に映ります。
    中古車を探す
  • トヨタ ヴィッツ
    トヨタ
    ヴィッツ
    1999年に誕生したヴィッツは、トヨタの世界戦略車として欧州でも製造・販売されているコンパクトカーだ。高い実用性もさることながら、スポーティなRSグレードを歴代ラインアップしており、3代目の現行モデルは2017年から復帰する、世界ラリー選手権用のベースモデルとなっている。
    オススメモデルは?
    現行3代目 1.3リッター搭載モデル:ヴィッツはグレードが豊富で、どれを選ぶか悩みがちだが、燃費効率に優れたヴィッツの中心となる1.3リッターエンジン搭載モデルなら、ハズレのない選択ができるはず。
    ツウなセレクト
    2代目 1.5 RSグレードのMT搭載モデルは、ヴィッツで唯一、MTが選択可能なスポーティモデルで、横滑り防止装置の標準装備など、安全面にも配慮されている。
    中古車を探す
  • トヨタ クラウンマジェスタ
    トヨタ
    クラウンマジェスタ
    1991年、クラウンの上級モデルとして登場したクラウン マジェスタ。セルシオが2006年にレクサスブランドに移行した後は、実質的にトヨタブランドのフラッグシップモデルとなった。2代目から5代目までの縦型リアランプが特徴的で、そのクラシカルな佇まいのファンも多い。
    オススメモデルは?
    4代目 S180後期型(2006年〜2009年):プラットフォームから新設計となり、デザインもぐっとスポーティに若返った新世代マジェスタ。後期モデルは伝統の縦桟グリルとなっています。
    ツウなセレクト
    3代目のS170型(1999年〜2004年)は、歴代マジェスタの中でも、特にクラシカルで重厚なスタイルを持っており、10年以上経った今見ても、変わらぬ高級感を感じられるでしょう。
    中古車を探す

もっと詳しく中古車を探してみる

あなたにピッタリのクルマがきっと見つかるはず

すべてのメーカーから中古車を探す

価格帯販売地域から中古車を探す

本体価格と販売地域から検索できます。
万円~
万円

ページトップへ

本文はここまでです このページの先頭へ